すきなもの

好きな作品が自分の作品にどう影響するのかというようなことを友人にきかれたので考えたこと
思いつきは結局今まで見てきた全部がごちゃごちゃと組み合わさって生まれているから、好き嫌いに関わらず何か見たり聞いたり動いたら絶対影響はしているんだと思う。
でも中でも二通りあって、私のすきなものは
絶対まねできなくて憧れ焦がれているけれど追いつけないから見てるだけの、

受けた印象とか雰囲気とかが自分の根っこにからまって離れなくて、方法やアイデアを無意識か・または意識的に真似たり組み合わせる
のがあるかなと思いました。
書いててもよく分かんないけど。
でも時々自分のイメージだったか他のイメージまるまるそのまんまなのか忘れちゃうことがあって、それは怖いことだわ。
いきなりぽっと浮かんできた光景とか言葉とかがどこかで見たものだったか今思いついたものなのかの区別をするのに、引き出しをがんがん叩いて、
書類の山をかきわけて手ざわりで見つけ出すかんじ。
分かりやすいのならいいんだけど、夢うつつで見た映画とかが厄介なんだよな…
きのうは「力を使うと目の色がほとんどしろになるんだ!」
みたいなセリフが、漫画ということは分かったんだけどなかなか出てこなくて(もちろん自分の部屋とごっちゃにはならなかったけど)半日悩んだ。
海の闇、月の影?だったかな?のセリフだった!ジーンだっけな…
見れば分かるけどなんかしゃくだから調べない。

最近やっとミシンをぼちぼち使えるようになったので、縫い物がすごく楽しいです。右はミスター歯なのに母はぞうさん?と言ってた。

続きを読む

広告