美鈴とトーキョーメルヘン

大山美鈴展、2011年6月19日、無事終了いたしました。
ちょっと分かりづらい場所だったのに300人以上の方が見に来てくださって、とてもうれしい1週間でした。
ほんとに、どうもありがとう。


私は3歳のころから絵をかいてきたのだけれど、絵をすきって思ったことはあんまりなくて、つまり家族みたいな存在で
憧れ・恋いこがれているのは今も昔も本です。見た目も、中にひとつの世界と時間がまるまるつまってるってとこも大すき!
なので私は絵をかくとき大好きなお話を別のお話と組み合わせたりして、それによって自分とかまわりの感情と状況と、そういうすべての流れをまずお話におきかえるとこから始めるのね
それをじゃーっとメモしたら、次にひとつずつを登場人物だったり背景に置き換えて、小さいラフをかいて、
それから大きい紙にいっこずつ配置してくってかきかたをしてるのです。
一枚の絵のなかに、お話のなかのすべての時間が展開してて、「読むようにみる絵」っていうかんじ。
このごろは絵だけじゃなくてなんでもやりたいことに合わせて作るようになったけれど、
もともとのけしきがあるところはいつも同じで、最近それを「夜眠れない子たちがあそびにくる場所」って思うようになりました。

前も書いたのだけど、今回は日独150周年のイベントのひとつなので、
私のお話の世界のとても大事なとこにいるグリム童話とミヒャエル・エンデを展覧会のテーマにしました。
グリム童話が語られてたときと、まとめられたときとは時間も空間も全然ちがう、
今の東京にいる私が考えるグリム童話の森とおうち。
それを、忘れちゃわないように一回OAGハウスで2011年に一回とじこめてみたいなと思って、色々いまの自分について考えたりしながら制作してました。
あとでいっこずつ作品についてかいてみよかな。


会場でかいてたのはハーメルンの笛吹きの絵!
ハーメルンの町にいくと実際ねずみのお面がお店の前においてあったりして、それで妹が写真とってたのでそんなイメージ。
来た人をひとりずつみんなねずみにしていったのですが、最終的にはこんなにふえた!ワーイ

後でちゃんとうつしたやつのせよっと
色はつけるの?ってたくさん聞かれたのですが、せっかく生放送でその場所でそのときにかいたメモだから、
編集しないでそのまんまにしとこうかなと思ってます。
見てると、お話したこととかお洋服の色とか思い出して、絵のなかのねずみがひとりひとり動き出すみたいでたのしい。
おしゃれなこのねずみさんたちがみんな私を支えてくれてる人たちで、
こういう場がないと支えてくれている人たちって目にみえなくてひとりで作業してると忘れがちだし、
絵なんて毎日の生活のなかで忘れていってしまうものだから誰もみにきてくれなかったらどうしようってほんとに思ってたのに
こんなに来てくれたなんてうれしいなあ!
あとで眺めててなきそうになっちゃった

嫌いってことはすぐ言わなくても伝わってしまうのに、好きなこととか感謝とかうれしいことはことばじゃどうしてもおいつかなくて、
私ほんとにみなさまに助けられててありがとうって伝えたいのになーもどかしい!ウヤウヤ
でも足りない分はそのぶんまた絵をかけばいいね。
絵で人と出会えること、絵をすきだって言ってくれる人がいること、それからうれしいきもちも絵でお礼できること。
絵かいててよかったなーって思うわ

みんながいなかったらかけなかったよ、とかなんか嘘っぽい言い方になっちゃってなんだかなーというかんじなのだけど
ほんとどうもありがとう。
みみずくさんたちまとめてじゃなくて、ひとりずつ大好きな人ばかりです。
ブログだからまとめてになっちゃうけれど、出会った人を大事にして毎日絵をかいていきたいなーと思います
長くなっちゃった!

しかしほんとにみんなおしゃれだったなー
かさがかわいくて、お借りしてはしゃいでるところ

※長いので、下に続けて記事のせます。下のほうつづけて見てみてくださいな

広告

美鈴とトーキョーメルヘン2

会場の写真とか、絵のこといろいろ。


「100年後のたんじょうび」(13gift)

野ばら姫(眠りの森の美女とか、いばら姫とか眠り姫とか)のお話。
12人、金のお皿をもっていて、13番目の招かれざる魔女の呪いによってお姫様はお城といっしょに
時間も空間も標本みたいに止められて、100年後の世界にタイムスリップするんだなーと思って
そうすると私は絵をかくことによって時間と空間をとめられるわけだから、呪いと絵はにてるんだなと思ったのです
呪いをかけた15歳の姫のたんじょうびと、絵をかいている28歳の東京にいる私、その2つの時点を意識しながら、
姫が現代にタイムスリップしてきたかんじをかきました。現代の東京・OAGハウスと、ベルリンの街がかくれてるの
「gift」はふつうに聞き慣れた英単語だとプレゼントとか姫に贈られた才能ってかんじなのに、
ドイツ語だと「毒」って意味だそうで、魔女のプレゼントでしかも呪いってとこにぴったりだなと思ってタイトルにしました。

なんだか私のなかで白黒とカラー、それに青トーンの違いはとてもはっきりしていて、
白黒は、とまっている瞬間みたいだけど実は次のステップに移り変わる変化の一瞬、
でカラーは絶えず動いててにぎやかだけど、お話のようにぐるぐる回り続けていて先にすすまない停滞の時間
青はそのあいだのぼんやりしてなんだかよくわからない夜明けとか誰そ彼のかんじ。
なので姫とお城がタイムスリップしてゆくとちゅうの青のかんじから、白黒の層を経てお話の時間と今の私の時間がつながるかんじでかこってみました。

「夏の庭と冬の庭の話」
このタイトルだと分かりづらいけれど、美女と野獣のお話!
本をめくってくと絵もちょっとずつ変わってお話が展開してゆくしかけにしたくてつくってみた作品。

「ライオンの忠告」
12人のかりゅうど、というお話をモチーフにしたのだけれど、これがとてもへんてこな展開をするお話で
シュールなので、ぜひ読んでみてほしいです。伏線らしきものとか全部なげっぱなしなの。
昔話の、そういう、話しながら作っていったかんじ、いいなあ

メガマソの涼平くんがおんなじ顔してくれました。のせちゃったよーイヒヒ
SKE48の松下唯ちゃんもおんなじかおしてくれたのーブログみてみてくださいな。かわいいの!

こちらはだいぶざんねんな私。


入り口のところにいたきつねは「黄金の鳥」っていうお話に出てくるきつねさんです。



床にぽちぽちっと並んでいたのは九柱戯の人形たち。
「三人姉妹」というお話で、王様がそればっかりやってて国が破産したみたいなくだりがあるのです。
九体、お人形を並べて、ボーリングみたいにたおすというあそびみたい。
あとなんにんかに聞かれたのだけど私のお気に入りはこの手前にある、4連のびょうぶです。
ちょっと地味なかんじだけどね
宗達の絵をもとにしてかいた人たちが気にいってるのです。写真とりわすれちゃった


「月がでたでた」
「お月さま」というお話で、月を盗んだ男が死んで月をもって地下にいったので、
地下が明るくなって地下の住人が浮かれ騒いだというようすを、ボッシュの「快楽の園」の地獄の絵にしてみました。
地獄が明るくなって、みんな騒いでるかんじ。
原作にいる人たちもたくさん登場してます。

会場の真ん中らへんは、グリム童話の森のイメージを日本の私が作るから、ちょっと日本ふうにしてみました。
日本に生まれ育ったけれど、あんまりキモノとか屏風とか、よくは知らなくて
でも外国の人よりは身近にあって、そういう微妙な距離の現代っこが考える日本ふう。
マイヨマイヨダンスでもそういうこと考えてたんだった。

マイヨマイヨダンスと、丸い絵2枚組では
「踊りぬいてぼろぼろになる靴」の12人のお姫さまと、「12人兄弟」でカラスにされちゃう王子さまが
ちょうどペアでおどりをおどるかんじ。

あと、キャーまだちゃんと写真整理してないので写真がぼやっとしてるけれど
このすてきなクッキーたち!


これはね、cookieboyさんにお願いして作っていただきました。
グリム兄弟とおうちと本は私ががっと描いたラフからこんなかわいくしてもらっちゃった!かわいいなあー
うれしいコラボ!
トーキョーメルヘンの文字はcookieboy さんオリジナルです。
ほんとに素敵なクッキーを作るアーティストさんなのよ
うぐうってなっちゃうくらい!
展示のあいだ、クッキーのいいにおいがしてました。

メルヘンパーティ

15日のレセプションパーティでは、たべものを持ち寄り大歓迎!にして
フードコードを「メルヘン」にしてみました。
そしたら予想以上にほんとにたくさん、メルヘンなたべものが集まって、
ほんとにすてきな食卓が出来上がったのだけどまだ写真が整理できてないや、ちょこっとお待ち下さいな
OAGの職員のかたや講演のお客さまもパーティにいらっしゃったのだけど
こんな素敵なたべものと絵とパーティははじめてだってにこにこして下さってすごくうれしかった〜


ねずみさんかくのもちょっとてんてこ舞い。

びっくりしたのは、私じつはナッツがあんまり好きじゃないのですが
きっとメルヘンだとお菓子が多いからナッツもたくさんだろうなーと思ってたのね、
なのにナッツがほぼ皆無だった!すごい!
言わなかったのになあみんなどうして分かったのかしら

メルヘンなたべものをお持ち下さったみなさまには、お礼にブックカバーをお渡ししました。

ステッカーって言ってたのだけど間に合わなかったの
でも喜んでもらえてよかった〜
ついでによくお問い合わせいただくので、いっしょにうつってるMisuzuのサインのネックレスは
hair369のKacoさんのブログからオーダーできます。
あとはさみの合鍵はビーエルエスてところで。かわいいよねえ

トーキョーメルヘンお客さまメルヘン!

大山美鈴展のご報告4ばんめ。

ねずみさんの中にはとても会いたかったひととか初めましての人だらけで、
ほんとにたくさんうれしい出会いがありました。しあわせ!
その中からちょこちょこっとご紹介しようと思います。ヒヒ
私がことごとくうつってて申し訳ないのだけどほんとにすてきな人だらけなのよ
写真たくさんで、ぬけてたりとかあっちょっと困るって方いらっしゃったらご連絡ください〜
(いちお、どっかにのせてたり大丈夫そうかなって方だけにしてみました)
ほんとは、みんなおしゃれでとても楽しい写真だらけだから全部のせちゃいたいとこなのだけどもね

イラストレーターの河野愛ちゃん
細かくて中にお話がつまってる素敵な絵をかくひとです

カットモデルでお世話になってるAtelierkazuの井下くんとらむちゃん

松下唯ちゃん(SKE48)と女優の西田奈津美ちゃん
天使みたいだよねえほんとかわいいの。

お仕事でもちょこちょこお世話になっている、メガマソ涼平くんとローディの春人くん。

pokoj(ポコイ)メンバー大集合!
フォトグラファーのNORIさんと、衣装デザイナーのmakiちゃんです。

すてきなクッキーを作っていただいたcookieboyさんと、デンマークで活動している画家の郷間夢野さん

Aquviiのきりんちゃん!
Aquviiは代官山のキルフェボンの向かいにあるかわいくて妙ちきりんなお店で、
絵本と雑貨をちょこちょこっと置かせていただいてるのです。

AYABIEインテツくん
ちょっとお洋服がにてたねえ

あと、写真だしていいのか分かんなかったので貼らないけれど
Tokiaki Kumondaiさんが来てくれたのうれしかった〜
私の大好きなお洋服をつくってるデザイナーさんです

それからsaboten.デザイナーのさくらいかおりさん!
Aquviiやoptricoに置いてあるアクセサリーのデザイナーさん。
すごくすごく素敵な青いブローチをいただいちゃった!ワーイ!どうもありがとう

だいじにするー!

去年スタンプラリーの展示でお世話になったla mugginaのしゅうちゃん。
イラストレーターの神田亜美さん
デザインフェスタギャラリーのスタッフさん
原宿のたいやきやさん東京ほおずきの次山さん。

このくらいかな?
リンクいっぱいはってみたので、ぜひのぞきにいってみてくださいな。
フェー夜更かししてしまったわ
あっあと受付したり写真とってくれた妹のたま。

くったりしてる。おつかれさまーありがとう

なんだかほんとに私がいちばんたのしくてしあわせな時間をいただいちゃったかんじ。
たぶんみんなが思ってるほどがりがりとハングリーに絵をかいてるわけじゃなくて
けっこうだらんだらんとしてるのだけど、
そんな日でもちょっとずつ積み重なってこんな場所ができてよかったなー
ねずみさんみんなのおかげですてきな1週間になりました。
しつこいけど、どうもありがとうございました!

大山美鈴展あとふつかです

(開催中!)
大山美鈴展
『Kinder-und Hausmaerchen / Misuzu-und Tokyomarchen (KHM 2011)』
2011年6月13日(月)〜19日(日)
10:00 – 20:00  (※最終日(日)は17:00まで)
会場:OAGハウス東京 ロビー


なんだかあっという間に金曜がすぎて、もう週末だけになりました。
またおわったら写真と、ゆっくり書こうと思うのだけど
週末になるまえにみんなに1回お礼したくなっちゃった

ほんとにたくさんの方がお越し下さって、
初めましてのかたも個展をひらくたびに何度も来てくださるかたも
みんなに会えて私ほんとにしあわせです。うれしいなあ!
ずっと会いたかったひととか、素敵なお友だちもたくさん増えました。
どうもありがとう。
一人ずつ、一生けんめい大事にしようと思ってて(ちゃんとできてるかわからないけれど)
そしたらそこから枝がたくさんのびて葉っぱがしげって、いつの間にかりんごがなるんだね。

私の絵をみにきてくれる人がいるなんていまだに夢みたいなことで、
なるたけ名前もおぼえてるのだけど、忘れてたら何度も話しかけてくださいな
会場で私はハーメルンの笛吹きの絵をかいていて、
ご来場のかたをねずみ役でひとりずつかいているのですが、それもこんなにふえた!

なんかみんなおしゃれで、ぜったい1個は気になるアイテムもってたりして
かくのもとっても楽しい~

– – – – –

昨年からありがたいことに展示が続いて、でも今回のメルヘンが終わったら
ちょっとおやすみして、印刷物とかで広めるお仕事をしばらくしてみよかなーとか思っていたのだけど
人と会うのがほんとにうれしくて、たくさん色々なこと知ることができて、
それからまたたくさん作りたいものが増えてうずうず。
そのくりかえしの、カラフルな世界に私はいるんだなー
やりたいこと欲張ってなんでもやりたいなフフ

– – – – –

よく音楽でファンの人を恋人にたとえたりするけれども、それがなんだか「ああそうだな」って思いました。
絵はほんとに私そのものみたいなかんじで、でも色んな面があって、
見せられるのは自分のほんの一部だったりするのよね
何が求められてるかわからなくて、受け入れてもらえるかなって不安で
でも人にあわせるわけには行かなくて自分のことばとか絵ってなんだろなって
考えながら前日とかもんもんとしてるわけです。ね。
がっかりされたらどうしよってやっぱり今回もとても不安だったのよ

でもあってみたらほんとにうれしくて、相手もほんとに楽しそうにしてたりして、
安心して何度もなきそうになりました。ほんと。
待っててくれる人がいるんだなー私このまんまうろうろと悩みながらかいてていいんだなとか
全然伝えられないけど毎回ありがたくて、
絵かいててよかったなーて前も言ったのだけど毎日思う。
ことばでの会話ももちろんたのしいし、絵と観る人のなかでぴぴっとかわされる
ことばになる前のフワっとした会話がとてもしあわせ。

そんなこんなで週末のあと2日間、どうぞよろしくお願いします★
日々のたくさんのことがそれぞれにあるのに、私のこと覚えててくれてどうもありがとう~
みんな大好きです。