デザインとアート展(笑)無事終了しました

26日、グループ展「デザインとアート展(笑)」無事終了いたしました。
今回、私は物販で参加だったので絵はださなくて、絵本と、トートバッグと、ぬいグッズをいくつか。
(予想以上にスペース広くってこんなふうになったヒヒ)

トートバッグは、2月の「rabbit hole library」物販で出してたものなのだけど、刺繍をして

裏っかえすとおめんになる!(モデルはかわいいかわいいマコプリちゃんです)

ぬいめとかぐしゃぐしゃだし使いやすいかどうかは分からないけど
アーティストの作った何かっていうならギリ売っても良いのかなっていうかんじ、
「デザインとアート展(笑)」の物販、てことからちょうどいいのかなと自分なりに考えてみたりしました。

—–

私は一年だけグラフィックデザインの専門学校にいってて、デザインとは「思いやり」って何度かきいたのをよく覚えている。
劇場で、いすとか用意したりセットくんだりイベント全部を企画してお客さんにハイヨーってするのがデザインで、
舞台にたって舞台の上から大声で大多数に呼びかけてるのがアートっていうのが前のイメージだったけれど
なんだかここんとこ、見に行ってるお客さんが手をあげて質問して、それに色んなひとが共感して、
そういうのもアートだし全部ひっくるめてデザインなのかしら、みたいなことを考えてて、
デザインとアート展(笑)(つまり略してデザート展)もそういうかんじしたなー

ハイファッション(デザイン)とファストファッション(生活必需品)がなんだかどんどん離れていく一方で、
デザインとアートはお互い範囲を広げててあいまいになってて、うーんなんだろうって思ってたら
搬入のときに、主催の川本史織さんが
「かわいいから欲しいっていうのはもうアートだから」って言い放ってて
ああなんかいいなってちょっと感動した!

しおりさんはメタポメ(夢眠ねむちゃんとのユニット)で参加で、私もラミカ一枚かったよ。かわいいの

それぞれの展示は、たぶんそれぞれのとこでいい写真見れるはず!
愛☆まどんな
河地貢士
川本史織メタポメ
山田はるか

マコ・プリンシパル
UAMOU

—–

レセプションパーティでは、渋谷ってことで出展者がギャルに変身してのトークショーをしました。
奇跡の一枚どーん!

これ私!大山美鈴さん!ほぼトリックアートです。

出展者の山田はるかちゃんのメイクパフォーマンスとしてね。
(はるかちゃんは、歌謡曲をアレンジして歌うビジュアル系バンドをプロデュース…とみせかけて、
実は全部自分でやってるっていう作品で参加だったの、これがおもしろいのよ歌うまいし)

左から山田はるか改めだーまや(B系ギャル)、河地貢士改めやおきん(みゆき婦人に扮している)、
川本史織改めかめちむ(浴衣ギャル)、愛☆まどんな改めあいま(女子高生) この写真すき〜


あいまちゃんとマコプリ(グルーミー)

美鈴さんの実際の高校時代はギャルでもなく、おたくでも目立つ存在でもなく
主人公がグラウンドを眺めてる間に学級会をすすめてるモブキャラみたいな、ほんとにふつうの人で
それは絵でも全部のことがずっと今でもそうだなー
放課後も部活ない日は直帰してノート読み直したり本よんだりゲームするのが好きだったので
パーティのときみたいなわいわいしたギャルサーのかんじ、ほんとおもしろかった!

今回のデザート展のメンバーみんなすごいいい人というか私は大好きで
すぐ仲良くなって、探り合いとかもなく夏合宿みたいだったのよ
会えてよかったなって何度もおもいました。
搬出のときみんなでちょっとキュンとしたりしてね、夏の思い出。
しおりさんに感謝〜

あと、最後になっちゃったけれど見に来てくださった方々もほんとにどうもありがとう!
絵なんてわりと一過性のもので、うわーすきって思っても
忘れちゃって、ああいたなそういえば、なんで好きだったのかなってなったりして
だからいつもいつも不安だし、ましてや今回絵だしてないのに
(もちろんほかの作家さんたちはとてもとても豪華でおもしろい展示だったけど!)
また来ましたーって見に来てくださる人がいて、私は電車のなかでちょっと涙ぐんだりしたよ。
ほんとにいつもどうもありがとうです。またちゃんとお礼言えてないなーってかんじがあるよみんな大好きです。
またあおうね。


レセプションには来られなかったけれど、UAMOUちゃん(右ははるかちゃん)

うぇい!

広告

デザインとアート展(笑)

渋谷のギャラリーコンシールで行われる、デザインとアート展(笑)に物販で参加します。

ぎりぎりの告知になっちゃったのですが20日〜26日まで、20日は搬入でうろうろしているよ〜

私は絵本と、ぬいやなんかを出す予定です。

 


「デザインとアート展(笑)」
ーデザインのように舞い、アートのように刺すー
気分は『アート≧デザイン』

アート作品の制作、発表等の活動をベースに、
デザイン等の商業仕事にも関わるアーティストによる、
写真、ドローイング、インスタレーション等の作品の展示及びグッズ販売。
参加アーティストに関わりの深いアーティスト等の物販コーナーの設置。

(笑)の秘密
オーディエンスみんなが笑って過ごせる時間になるようにとの思いを込めて・・・

□会期
2012年8月20日 – 2012年8月26日
11:00-23:00
※初日は17:00まで公開搬入。
搬入完了後オープニングパーティ予定
※25日は18:00よりレセプション・ギャル座談会等
※最終日は19:00まで

□アーティスト
愛☆まどんな
河地貢士
川本史織メタポメ
山田はるか

□物販コーナー
大山美鈴
マコ・プリンシパル
IMPOSSBLE PROJECT
UAMOU

□場所
ギャラリーコンシール
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-11-3 4F
TEL/FAX:03.3463.0720
MAIL:conceal@renovationplanning.co.jp
OPEN:11:00 – 23:00

おもしろい方だらけなので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいな。

川本史織さんは「情景ならびに喉、指先」(葵&涼平)のときにあのかわいい影絵の写真を撮っていただいたカメラマンさん!うふふのふ

—–

CollaborATelier 大山美鈴のコラボ・アトリエ(Studio Voiceにて連載中)

CollaborATelier / STUDIO VOICE連載のおしらせ


2012年8月8日から、STUDIO VOICEでのweb連載がはじまりましたー!

CollaborATelier
大山美鈴の「コラボ・アトリエ」#1「写真」

CollaborATelier、略してCATです。ねこ!
第一回は、写真家の四方あゆみさんとの共作です。
四方さんはすごーくかわいくてきらきらした、でもかわいいだけじゃなくて
ちょっといたずらっぽさとか影とかピリっとした強さ、ちょっとした相反するところのある作品がとても好きで
あこがれの人だったのだけど、お仕事現場を間近で見ることができてそれはもう感動した…!じーん
四方さんも話すほどに作品みたいな方でした。ほんとに作品は人だなあ
このごろ、作品みてすきだなあと思ってご本人にあうとこの人すきだなあと思うことがよくある。

—–

写真と絵、どっちかがメインになるのじゃなくて共作、というところが意外と難しくて私にとってはとても勉強になりました。
CDジャケットやポスターのお仕事のときは自分でデザインまでやることが多くて、だからすきまも自分でどう活かしていくか考えて
もちろん共同作業ではあるのだけれど自分の中で配置とかイメージが固まってるかんじ。
でも今回は本当に、半分ずつ作ってゆくというかんじがあって、打ち合わせのときから四方さんに
「写真としてみたときにいいかんじ」をたくさん教えていただいて
かつ、一緒に作るのだからいつもとは少し違ったところを出していこうという話から制作に入りました。
いつも一人でぎゅっと詰めて完成させてしまうところを、少し間をとって、そして少しおとなっぽく!
なんか、人物を描かずに私の絵になるのかなあというのが不安で不安で、でも四方さんが逆に私らしいところをたくさん挙げてくれたりして
だから発見もたくさんあったし挑戦もできたと思うのよ

絵の中に入ってくれたのはミュージシャンのbomiちゃんです。
きれいにファッションぽくまとまりすぎず、雰囲気によくあって、「この子しかいない!」と四方さんに写真を見せていただいたとき、
ああなんか色のパワーを持ってる子だなあと思ったので3枚の絵のテーマがぽいっと決まりました。
モノクロの街が、bomiちゃんの歩いたところからどんどんカラーになってくかんじ!
スタイリストのyu-yaさんとヘアメイクのISINOさんも、私のへたっぴな説明をつるっと汲み取って魔法みたいに海にしちゃって、
どんどん色んなイメージがふくらんでいって作品ができあがりました。
豪華メンバー!
四方さんが人のほかにランプや星をぽわっと足していったのだけれど、その足し方が特に私とは全然違って
空間にふわっと浮かぶ存在感がああ共作ってすごいわって思ったのでした。

あと絵をかくときに、せっかく「絵」をかくから二次元でしかできないようなひらべったさとか錯覚を出したいなといつも思っているのだけれど
bomiちゃんが話のなかで「二次元ぽいってよく言われるんですよ〜」と言ってて、なんか一方的にあついシンパシーをかんじました。
ああ幸せものだなあ

そんなこんなで素敵な作品に仕上がったので、ぜひ見てみてくださいな!
http://studiovoice.jp/

—–

あとスタジオボイスのトップにバナーが出てるのですが、それもほんとにすてきなので見てね
デザイナーさんてすごいや…
私は過剰にのせてのせてバランスをとろうとしてしまうので(絵も、言葉も、デザインも、料理も、なにもかも!)
削ごうとするとなんにもなくなったりして
だからちょうどよくいくつかをスッキリ天秤にのせてバランスを取れる人を本当に尊敬してしまう。
そういうデザインする人は、少ない言葉でちゃんと気も使いつつ的確な表現もできる気がして、なんかちょっといいなあと思うのよ

次回は9月の予定です。おたのしみにー!フフ

みみずく辞典:はさみのカギ

【はさみのカギ】
門前仲町の、ビーエルエスという合鍵やさんで作ってもらった、うちのカギです。
長めのくさりをつけてネックレスにしたので、忘れ物だらけの私がやっとカギは忘れなくなった。
はさみ型にできるものはだいぶ形とか限られてるみたいなので(あと型がないときもある)
できなかったら近くにおいしいかき氷があるよ〜

みみずく辞典:サインのネックレス、ぎんちゃん

【サインのネックレス】
369のオーダーネックレス
自分の名前でオーダーできるのを、ミスズのサインで作っていただいたもの

【ぎんちゃん】
うちにいる9月生まれのねこ。黒か水玉の蝶ネクタイ。
かわいくてかわいくて大好きで、たいていの絵のなかにこっそり登場しています
(※ひとりで制作でないお仕事のときは、いないことが多い)
絵かいているときにひざに登ってきて絵をみてたり、
私がいなくなったと思うとお気に入りのぬいぐるみをくわえて家を探しまわる(呼びかけるとぬいを落として駆け寄ってくる)
ああかわいい。

みみずく辞典:みみずく、みみずく辞典

【みみずく】
絵をすきって言ってくださる方をまとめてみみずくさんと呼んでます。
眠れない夜に迷い込むようなところをかいてるなと自分で思っていて、
集まる子たちも、やっぱり現実時間でも夜更かしさんが多いので、みみずく。
(ふくろうでも良いのだけれどみみがかわいいからね)

【みみずく辞典】
ちょこちょこご質問いただくこととか、分かりづらいことばや解説を
「みみずく辞典」のカテゴリーにまとめることにしました。ときどき、あるいはたまに、増えるよてい