「Trompe-l’œil」終了しました

all_shoumen

ギャラリールモンド企画展「トロンプルイユ」お越しいただいたみなさま、絵をお買い上げいただいた方々、行きたいなって思ってくださった方々、ギャラリールモンドのたじまさん、そして一緒に展示した川口絵里衣さん、Naoさん、中川恵理子さん、
ほんとにどうもありがとうございました。

5点だけでしたがとてもしっくりくる作品ができたし、たくさんの初めましての人、お久しぶりの人、会ってみたかった人に会えて楽しかったです。

展示全然してなかったけど、私は言葉を補って絵で人と自分の間をつないでいるのだなと久しぶりに実感してうれしい2週間でした。
それはぐらつきがちだし見えなくなることも多いけれど、確実に私を引っ張ったり支えたりしていて、それ自体がまた絵をかくよう促すように思う。
お菓子天国なのもありとても幸せです。どうもありがとう。
言葉で伝えきれない分また絵をかくので届くといいな。

– – –

1

1.音と自転車と電線

黒いコートを着た人がふたり、自転車に乗って坂道を下りてくる。
電線が自転車の灯りを走らせて、ふたりの姿もついたり消えたりする。
私はそれをipodから流れている歌のビデオのようにしてただ眺めて、
すれ違ったコートの雨の匂いでやっと現実感に気づき後ろを振り返ると、
自転車は予想よりだいぶ遠くに走り去っている。

– – –

2

2.階段とめいろみたいな家

夜、くらい道やお寺の裏を通るより何より、団地に迷い込むのは怖い。
おもても裏も匿名性を帯びて無限に続いて、整然としているのに視界の外ではゆがんでいるというような気がする。
玄関ドアよりもなんとなく友好的にイラッシャイとのびてきている階段を見上げると、上へ上へと交差しながら小さくなっており、きっとめいろとしての団地の入口は階段なのだろう、抜けると全然知らないところにいる。

– – –

3

3.風のつよい日、パンジー

風のつよい日にはビルを避けて、ひとの住む家の並ぶ裏道をうろうろ歩き回る。電柱と家が引っ張り合うようにしてきれいに遠近法をつくっている。
だいたい植木鉢にはパンジーが咲いていて、何か見たことのないものの影をさがしたりおいしそうなにおいをたどったり、ピアノの音を聞いたりしながら公園につくと誰もいない。ブランコが外されておりパンダの遊具がぐよぐよ揺れている。

– – –

4

4.看板、矢印、いけない場所

標識を見て歩くのが好きだ。そういえばきちんと意味を勉強したことはないけれどなんとなく知っていて、みればすぐその指示通り動いてしまう。
あれがあることによって知らず知らず誘導されていて、いつまでたっても
たどり着けないところが街のどこかにあるのではないか、という気がする。
そしてそういうところから電線はのびており、火の用心やけんかするねこの声が聞こえる。

– – –

5

5.カーテンコール

ときどき、おそらく捨てるために、道に大きな家具が据えられている。
それだけで少し変な気がするのに、たまに鏡がついたたんすの前などを通ることがあって、それだけで自分が外にいるのかどこかの中にいるのか、
とたんに少し曖昧になる。ビルの窓ガラスの中にだけ残っている夕日は、昼と夜を曖昧にする。きっと鏡のむこう側にも同じように考えているものがいて、顔を合わせるたびに裏表が逆転する。
中にあったはずのものが、世界を保ったまま外に出てきて接触するというのは、舞台のカーテンコールに似ている。

 

DSCF6037

_DSC9379

happy new year !2016

nengajo_misuzuoyama

 
あけましておめでとうございます。

みみずくさん、友だち、家族、ぎんちゃん、たくさんのすてきなお仕事、あたらしく出会ったひとたち、これから出会うひとたち。
2015年も本当に本当にお世話になりました。どうもありがとう。
いつも迷い始めると誰かがランプをつけてくれて、なんとか目をこすりながら一年をぬけて、気づいたらまたたくさん絵がふえてました。
今年も一生けんめい、かきたい絵をかいてゆこうと思います。
自分にできる限りのことを、自分にできるはやさでね。

言うべきと思うことばがどんどん減ってしまっているこのごろですが、
でも本当はちゃんと言わないと伝わらないと思うので
この機会にまた記しておきたいのは、
いつもと同じでそして毎日更新されていく気もちなのだけれどありがとうに集約される。
みんなに助けられているよ。

なにか言うというのはとても勇気のいることだし、まして絵を見にわざわざ外に出たりとか大変なことだ、と思うので
わたしも過不足なく、きちんとひとつひとつお返ししたいな、とよく思って絵をかいています。

2016年がみなさまにとって、
素晴らしくてずっととっておきたいような一年になりますように!
今年もどうぞよろしくお願いします。

大山美鈴

Happy new year! 2015

nengajo2015

あけましておめでとうございます。

みなさま、昨年も本当に本当にお世話になりました。
どうもありがとう。
昨年は憧れの谷山浩子さんとお仕事がかなって、夢のような年になりました。
かなったあとどうなっちゃうかなあと思ったけれど、やっぱりかきたいけしきはまだまだたくさんあって、
また今年も少しずつ、絵をかいてゆこうと思います。

あまり言葉にする機会がないのだけれど
きっとみなさまが気づいているのよりずっとたくさん助けられていて、
じんわりと、うれしいなあとしょっちゅう思って感謝しています。
みみずくさん、まわりの大好きな人たち、ぎんちゃん、これから出会う人たち、私にとっても
2015年がスペシャルに素敵な年になりますように。

今年もどうぞよろしくお願いします。

大山美鈴

aoi tori、supper supper、stand、あけましておめでとう

またすっかりブログをさぼってました。こんにちは。
更新しない間にあったことちょこちょこ。

◯aoi tori
愛媛のパン屋さん、aoi tori bakeryのロゴ、ショップカードとフライヤーを作りました。
B6_TT_aoitori_out
私はまだお邪魔してないのだけれど道後公園の近くのかわいいお店です。
パンはご主人が前のお店で東京にいたときに何度か食べたことがあるのだけれど、
どれもぎっしりしてたりもっちりだったりかりっとしてふわっとして、ほんとにおいしいのでお近くにいらっしゃる方はぜひ寄ってみてくださいな。
フライヤーはオープンした1月に作ったのでもうないかも知れませんが、ショップカードはあるはず!
アオイトリ
aoitoricard aoitoricardura
幸せはすぐ近くにある。フフ

◯supper supper
12月にROCKETで行った三人展「THE LAST SUPPER」に新作を加えて、Aquvii TOKYOで一ヶ月間展示しました。
新作のカトラリーは、私ととばくんとQ-TAさんがそれぞれナイフ、スプーン、フォークをひとつずつ制作したのですが、
私作品の写真撮り忘れちゃったっぽい!全体像みつかったら画像を。
この作品、見にきて下さった名古屋の方がご購入後このまんま持って帰ってくださったそうです。
150cmあるナイフを!ごあいさつできなかったけれど、ほんとにどうもありがとう。
knife1

knife2
ひとまず製作中にとったやつ。

私はナイフをつくりました。
描いてたときはほんと「身を切るような」寒さのころで、それがナイフみたいだなってことから氷の海の観測所みたいなのをかきました。
寒さで、色んなものがナイフみたいに切れてちょっとちぐはぐになってる状態。
氷は電波みたいに透明で、流れて、形を変える。
どこが歪んでてどこが透明なのか分からなくて、見えてても見えない。
電波でまっすぐに見えてても、そのことばや景色が本当かどうかは分からない。
インターネットの中のことばは、写真やこの絵のように、見えたところだけを写し取った一枚の紙で、事実は立体的。
だから、氷と、電信の人たちをかいたんだけど、いかんせん写真がない。
ので、Aquviiのありちゃんと、遊びにきてくれた7Aちゃん。
ari7a

DSCF0127
私とななえちゃん、偶然おそろいタイツ!

– – – – –
まだあるよー

◯stand
アーティストの作品をデザインに落とし込んでタイツやワンピースを作っている「ワンピースとタイツ」
私もアリスタイツやエアメールタイツ、トランプでデザイン使っていただいているのですが
そこのデザイナーの米田さん個人のブランド「ATENOY」と原宿の古着屋さんKINSELLAのセレクトショップが原宿にオープンしました。
とんちゃん通り!(原宿駅から竹下通りぬけて、横断歩道わたって左ななめ前にまーっすぐいったところの地下)
渋谷パルコの期間限定ショップは終わってしまったのだけれど、ここ行けば「ワンピースとタイツ」いつでも買えます。
このまんまもっと歩いていくと、先日リフレッシュオープンしたLuckandにつくよー!一休み。
stand、これもあるはず。
気に入りすぎて毎日のようにはいてるpoem by rabbitの靴下!
slowandsure
slow & sure
私は色んなことするのにのろまで、ちょっとずつ執拗に繰り返してなんとか積み重ねていってるかんじなので
なんかslow and sureってとてもしっくりきている。

◯2014
そして、うわあ今更になってしまったけれど新年のごあいさつをしてなかった!
nengajo nengajoura
みなさま、昨年も本当に本当にお世話になりました。
ことばだと決まった形しかなくて全然いつも伝わらないけど、みみずくさんやまわりの大好きな人たち、あともちろんぎんちゃんのおかげでたのしい毎日です。
今年も、slow & sureでちょっとずつ。
どうぞよろしくお願いします。

大山美鈴

iroiro

お知らせしそこねちゃったこと色々。

・ And A by SmartLabo in Shinjuku flags
kanvasより、大山美鈴デザインのXperiaA、GALAXY Sケースが販売されました。

・『ROCKETの夏祭り!クリエイターズ100金』
(サンプルの絵はがき、トート、ぬい、私物の書籍など¥100〜販売)
 おかげさまでぜんぶキレイサッパリ売り切れた!

・ウェルカムボード、フィンランドをテーマにかきました。

・Aquviiの元スタッフきりんちゃん結婚式でライブペインティングしました。
 oocami drawings、とばくんと4人で。

↓このへんに画像をあとではるよてい!

Happy New Year !

2013nengajo

あけましておめでとうございます。
2013年もどうぞよろしくお願いいたします。
みなさまの一年がすてきな日々になりますように。
たくさんかくぞーう!
(年賀状はね、鏡ごしに見てみてくださいな)

大山美鈴

CollaborATelier #4

大晦日だよみすずさん
毎度ながらブログのびのびでごめんなさい。
来年は遅刻と忘れ物を減らすのと、あとブログももうちょいちょこちょこと書きたいなー

さて2012年のうちにお知らせ!
STUDIO VOICEの連載「CAT」、第4回がアップされました。

CAT04

CollaborATelier
大山美鈴の「コラボ・アトリエ」#4「アニメーション」

ヨシイカズトさんは、ミュージックビデオの制作を中心に活動してる人で
HASYMO、ASA-CHANG&巡礼、Ametsubなどの映像を作ってるのですが
音と映像の結びつきがもうなんか素晴らしくて、ああこの音にはこの場面だなーというかんじ、
りんごを包丁で切ったらこの音が出る、この靴であの道を歩くとこの足音、みたいな結びつきを
初めての音楽にそわせて作れちゃう人なんだなと思うのね
見えないはずのお話をすくいとってさらさら流れさせることができるというか。
けっこう実写の作品が多かったのですがそこがとても気になってしょうがなくて、今回お願いしました。

打ち合わせをして絵を渡して、そのあと一度途中経過を見ただけで仕上がってきたのですが
私感動したよ…なんかもう魔法だと思ったし今でも思うよ
ほんとにほんとに、ぜひ見てみてくださいな!
ああうれしいなあ
ぎんちゃんや、セグウェイにのった人や、私とヨシイさんに似てるひともいるのです。フフ

タイトルの「wander / round」
は、「wander さまよう」と「round くりかえす」と「wonderland」を意識してつけました。

– – – – –

私は絵をかくときに、
1・お話を作ったり、再構築したりしてシナリオをつくる
2・登場人物や舞台とそのストーリー全部の流れを一枚の絵に配置、
というようなかき方をしているのだけれど
それはマンダラの「異時同図法」というのを習ったときにいいなと思って
それに加えて、本と平行して大好きなアニメーション(の記憶)がたくさんあって、
絵が出てくる一番奥の無意識にくいこんでるかんじだったので
「アニメーション全部を一枚の絵にかくみたいに!」ってはじめたんでした。
だから絵を描く前というか途中段階には最初から最後までのストーリーがいつもあるにはあるのだけど
動いているものを作るのは似ているようで全然違う作業で、いつかできたらなとちょっと思うだけで過ぎてきてました。

それが、今回念願の!!

私の作品に共通して「迷い込んでぐるぐると繰り返す」というテーマがあって
アニメーションを作るとしたらループ可能な物にしたいとずっと思っていたので、
それと絵本「よるまちめいろ」のイメージから
街をぐるぐる迷い続けて出られなくて、その世界もループしてて、という映像をループさせよう、とヨシイさんの提案。
「こんな背景があればこう入って行って階段があってまたこっちに出てきて…」と
ぽんぽん具体的なアイディアが出てきて、それが私のかくラフと違って動くことを前提としてるのですごくおもしろかった!

何が必要で背景はどうやってかいたらいいのかとか、どこをどうかいたら動くのかとか根掘り葉掘りきいて、
私が渡したのは4枚の画用紙におさまる絵なのでした。
たったの4枚!
街、人物、空と地面(街のうしろに合わせるもの)、幕の白黒ねこ。
細かいパーツは分割して何枚か描いたのですが、何をどうやってそこからあんなに動かしたのか私にとってはほんとに魔法なのだよねえ

音も場面の切り取り方も動きも、絵以外のことはヨシイさんにおまかせだったのだけど
なにも違和感なくて、ああこういうふうに動くんだったなと思いました。
しかもヨシイさんの独特な暗さが加わって、こう、なんか、いいよねえ(語彙貧弱なんだけど)

音楽はTomggg(fujishiro tatsuya)さん “1 part-1″です。
ああいいなあすごいわ

いっつも言うけれどまたデザイナーの方が切り取る場面がね、ああこれだわ!っていう小さい小さいところをおさえてくるので
毎回びっくりします。ほんとに。

http://studiovoice.jp/

大晦日のしめに、または新年のことはじめにぜひ〜

– – – – –

今年はgallery speak forでの個展「rabbit hole library」に始まって、本当にたくさんの素晴らしい人にお会い出来て、
CATでは毎回、自分の気づかなかったところを指摘されたり新しいことをたくさん出来て、
そこからまたたくさんの場所と人と作品につながっていって、
それは昔から知っている人たちにも全部つながっていて
何から何までほんとにありがたくてうれしい年でした。
「choices for gifts」展とULTRAと「デザインとアート展(笑)」もおもしろかったな
あとPAINTAALとshibuya fashion festival!ああ今年はたくさんのことがあったのね

みなさま、全然ことばが足りないのだけれど本当にどうもありがとう!
来年もたくさん絵かいて、それがお礼のかわりにじかに届けばいいな

大好きなみなさま、よいお年を〜


2つ目は、絵のことをまとめてどさどさと。
大山美鈴個展「rabbit hole library」のようす、exhibitionにやっとこさアップしました。
ちょこっとですがご覧くださいまし〜
でもやっぱり原画みせたいなあ、また個展できるようにがんばる!


JR大阪三越伊勢丹の、あちゃちゅむ・ムチャチャ限定shopでディスプレイを制作させていただきました。(もう終了)
これに77thの指輪とか飾っていただいたのです。うれしい〜!うふふ





これはまだ途中なので、これからのおたのしみ!

もうちょっとしたら、もう1つうれしいお知らせができそうです。フフフのフ

—–

私にとって「ひらめき」は上からふってきたり中からドゥワっと湧き出るものじゃなくて、
ほんとに電気がはしるみたいなニューロンのひらめきだなあとよく思います。
なんか、ちょっとしたきっかけでバラバラのものがピシャーン!とつながって、
そのときに駆け抜ける電気のきらめきでぞわっとする。
つながるもの同士やきっかけは、ずっとどうにかしたくて転がすように考え続けてるものだったり、すっかり忘れてたものだったり、全然よめないのだけれど
でも毎日いろんなものをポイポイと適当に引き出しに入れておくとそれがある日電気にかわっちゃうのだからふしぎ。
私の部屋とかほんとの引き出しもそんな具合で、ごっちゃごちゃのようだけれど頭の中ににてるなあ
で、その頭の中とつくえのかんじはそのまんま絵になっていると思う。

いちじがばんじ!

それは一コマを切り取ったときの話だけれど、過程もにてるのに最近やっと気づいたとこです。
何かしている、途中で目に入ったものに気をとられてそっちに夢中になってどんどんそれる。
話してることも、考えるときもたいていすぐ気をとられて上の空になる(だから文章もそんなで、いつかペンネームを使うことがあったら「上の空そぞろ」ってつけようと思っている)
絵もどんどんそれて、良く言えば発展していって、その過程がアニメーションとかシュプールみたいに点々とのこってったのが私の絵なんじゃないかなあ
けどどんなにうろうろしてもいる場所は「眠れない子が逃げ込むところ」で、
だから多層には渡らないというか、レンチキュラーシーとの表と裏みたいにジグザグにはずれない気がするけどそうだといいな
しかし忘れ物が多いのはいい加減どうにかしたいなと思っている。毎年思ってるのよ〜!
みそじだし!(ちゃんと最初に話題を戻す気づかい)

みすずがみそじ

ブログ長いことかいてなかった!

言いたいことや考えたことはいろいろあるのだけれど、twitterやら写真やら日常でちょこちょこと置いてたら忘れちゃった

リスが、冬ごもりのためにえさを埋めてそのまんま忘れちゃって、まあいっかーって。

でも春になったら意外なとこに見つけてわおうれしいってなるのでそれが今!

<

いちばんのニュースは、9日に30歳になりました。

わーいうれしい!念願の30!

今年は2月に個展があって、グループ展もあって、ライブペインティングにも参加して、

これからの予定ももりだくさんなのでもうこれ2歳分くらいでもいいかな、と思うけどとりあえず30だよ〜うれしや

メッセージやリプライ下さったかたがた、ほんとうにありがとう〜

誕生日にはとくに、みみずくさんたちのことをたくさん思い出したりしてひとりうれしくにやにやしました。

絵好きって言ってくれる人たちのおかげで絵かけて、ありがとうって伝えたいことが絵になって、

私はほんとうにみなさまに絵を通して片思いしてるかんじです。

これ読んで「ふうん」って読み飛ばしてるひとも、お会いしたりとかメッセージいただいたりとかそんなみみずくさんのことを、きっとびっくりするくらい覚えててよく思い出しているのよ…フフ…

またあの人にあいたいなあと、よく考えている。

相手が私と私の絵のこと忘れちゃっても、私の日常には絵があるので絵をかくたびに思い出します。

(ちょっと気持ち悪いようだけどね)

そんなこんなで毎日がすぎて、大山美鈴30周年かあうれしいな

—–

毎日のこといろいろ

水族館にいったり

<

アンパンマンべんとうをつくったり(初めてのキャラ弁!)

棺桶に入ったり(丸岡和吾さん個展)

おかっぱ大先輩と写真とってもらったり!(これはbuggyさんの個展ね)

鎌倉でねこさん門番に会って

そしてちょっと警戒される

—–

あとはトーベ・ヤンソン挿画のアリスを最近買ったのだけれど、絵が似ていてびっくりしました。

帽子屋の帽子が3こ重ねになってるとことか

ほら!にてる。

文章から思うけしきが似た人だったのかなあふしぎ。

絵かく前に見てたらどんな絵かいたのかなあ